トップページ  >  バセドウ病の事典  >  カール・アドルフ・フォン・バセドウ

カール・アドルフ・フォン・バセドウ anchor.png Edit

カール・アドルフ・フォン・バセドウ(Karl Adolph von Basedow)はドイツの内科医。1799年3月28日、ドイツのDessau(デサウ)に生まれた。バセドウ病を発見した。

Page Top

来歴 anchor.png Edit

Halle(ハレ)大学を卒業後、1822年Merseburg(メルゼブルク)にて一般診療を開始。早くに結婚し、生涯街の保健所員を務める。1840年、甲状腺肥大、眼球突出、頻脈のメルゼブルクの三徴を発見し、それが後にGeorg Hirschにより、バセドウ病・バセドウ氏病として呼ばれる。
1854年4月11日、死体の解剖中に紅斑点熱(別名リケッチア)という病気にかかり死去。享年57歳。

Page Top

参考リンク anchor.png Edit


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧


Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom)
Counter: 20800, today: 1, yesterday: 0
Last-modified: 2007-07-27 (Fri) 09:30:08 (JST) (4519d) by etupirka
バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。