ページへ戻る

− Links

 印刷 

カール・アドルフ・フォン・バセドウ :: バセドウ病についてあれこれ

encyclopedia:カール・アドルフ・フォン・バセドウ

ページ内コンテンツ
  • カール・アドルフ・フォン・バセドウ
    • 来歴
    • 参照元
    • 参考リンク

カール・アドルフ・フォン・バセドウ anchor.png[1] Edit [2]

カール・アドルフ・フォン・バセドウ(Karl Adolph von Basedow)はドイツの内科医。1799年3月28日、ドイツのDessau(デサウ)に生まれた。バセドウ病を発見した。

Page Top

来歴 anchor.png[3] Edit [4]

Halle(ハレ)大学を卒業後、1822年Merseburg(メルゼブルク)にて一般診療を開始。早くに結婚し、生涯街の保健所員を務める。1840年、甲状腺肥大、眼球突出、頻脈のメルゼブルクの三徴を発見し、それが後にGeorg Hirschにより、バセドウ病・バセドウ氏病として呼ばれる。
1854年4月11日、死体の解剖中に紅斑点熱(別名リケッチア)という病気にかかり死去。享年57歳。

Page Top

参考リンク anchor.png[8] Edit [9]


Last-modified: 2007-07-27 (金) 09:30:08 (JST) (3767d) by etupirka