トップページ  >  バセドウ病の事典  >  無顆粒球症

FrontPage > 無顆粒球症

無顆粒球症 anchor.png Edit

無顆粒球症とは、血液中の白血球が減少し、最悪の場合は死に至る危険性のあるもの。薬剤の副作用によって発生し、バセドウ病の治療に使われる抗甲状腺薬メルカゾールチウラジールの副作用でもある。

Page Top

症状 anchor.png Edit

全身倦怠感、高熱、悪寒、頭痛、筋肉痛など。

Page Top

バセドウ病と無顆粒球症 anchor.png Edit

詳しくはメルカゾール、チウラジールの副作用(無顆粒球症)編集の項を参照のこと。


新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 10371, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2007-04-08 (日) 11:03:16 (JST) (3824d) by
バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。