トップページ  >  ニュース  >  バセドウお役立ち情報  >  甲状腺ホルモンとやせ薬
バセドウお役立ち情報 : 甲状腺ホルモンとやせ薬
投稿者 :  投稿日時: 2007-08-22 23:49:33 (3986 ヒット)

甲状腺ホルモンがやせ薬として売られていたそうです。

引用:


これを服用することによって体重は簡単に減りますが、体内に甲状腺ホルモンが過剰にあると様々な合併症が起こります。


乾燥させた動物の甲状腺を利用したと思われるこのやせ薬を服用した際の副作用について、以下のようなものがあるそうです。

・肝機能障害
・甲状腺機能障害

その合併症として

・不整脈
・心不全
・骨粗鬆症
・希に突然死


では、「甲状腺ホルモンが入ってなければいいのか?」と思われるかもしれませんが、食欲を抑制するフェンフルラミンという成分を含むやせ薬を服用した場合には

・心臓弁膜症
・肺高血圧症

という病気が発症してしまったそうです。


この「やせ薬」というのは非常に危険なもので、知っていたら絶対に飲みたいとは思わないでしょう。しかし、ラベルの成分症にはこのことは一切書かれていないそうです。
業者はわかっていて書かなかったのでしょう。


「やせ薬」だなんて、とても魅力的な聞こえてしまう言葉ですが、あらためて考えてみるととっても危険なんですね。健康な体にわざわざ「甲状腺ホルモン」をいれてしまうなんて・・・。


それぞれの病気の詳しい説明などは、この記事の出典元、隅病院のページをごらんください。

やせ薬について -- 隅病院ホームページ


この記事に関連した記事

印刷用ページ このニュースを友達に送る

バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。