トップページ  >  ニュース  >  更新案内  >  薬のページを更新 / とても残念だったこと
更新案内 : 薬のページを更新 / とても残念だったこと
投稿者 :  投稿日時: 2007-07-06 21:13:01 (1705 ヒット)

動悸を抑える薬として使われるインデラル、メインテートなどのβ遮断剤と呼ばれる薬や、プロパジールやメルカゾールの製薬会社についてなどの項を、辞典へ新たに追加しました。

話は変わりますが、とても残念だったことがあります。とあるバセドウ病のサイトなのですが、ここのサイトよりも後発なのですが、良くできたサイトで「(1銭の得にもならないのに)よくやるなぁ」とずっと思っていました。
見ての通り、このサイトも1円の利益のでない非営利サイトなので、同じ仲間ではありませんが、そのサイトは自分がサイトを更新していく上での一つの励みになっていました。

そのサイト。この間見たら、広告が貼られていました。ネット広告については以前違う記事に書きましたが、張られていたのはまさにその広告です。ページの上下にかなり多くの広告が貼られています。

一般に、相互リンクをたくさん集めることにより、webサイトは検索結果の上位に表示されるようになります。
そのサイトは短期間に非常に多くの相互リンクを集めたので、Yahoo!やGoogle等の検索結果の上位に表示されています。多くの方にとって有意義で正確で、貴重な情報を保持している田尻クリニックや甲状腺.jpなどよりも上位です。

そのサイトは個人の病気の体験談を書いているサイトなので、広告を貼っている自体は何も問題のないことです。
自分の経験と努力をお金に換えているわけですから、普段私たちが仕事の労働を賃金に換えているのと同じことです。

何が言いたいのか分からなくなってきましたが、このサイトは今後一切の広告を表示させるつもりはありませんので、それだけはここにちゃんと書いておきたいと思いました。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。