トップページ  >  ニュース  >  バセドウお役立ち情報  >  遊離ってどういう意味だろう?
バセドウお役立ち情報 : 遊離ってどういう意味だろう?
投稿者 :  投稿日時: 2007-06-10 00:12:20 (5273 ヒット)

甲状腺ホルモンT4、T3のお話しになると、遊離T3(F-T3)、遊離T4(F-T4)という形で『遊離』という聞き慣れない言葉が出てきます。今回はこれについて調べてみました。



実はこの言葉は高校生の理科の授業に「弱酸の遊離」という形で1度登場しています。現役お方はもうおわかりかもしれませんが、ちょっとだけ説明。
弱酸の遊離とは、通常

弱酸塩+強酸→強酸の塩+弱酸(↑)

上記のような反応を指します。だからなに?というツッコミは必至ですが、たとえば2種類の酸性の溶液があって、どちらがより酸としての濃度が高いかを調べるときに、上記のような実験を行います。結果はより強い酸が塩として残り、弱い方の酸が分離して上の方に浮き出ます。この現象を遊離といいます。

この化学現象とFT4,FT3は何の関係があるのでしょうか?実は何も関係していません(!)
上記式はむしろ「混ぜるな危険は何で危険なのか?」という状況の説明に使われます。2種類の洗剤等を混ぜると、弱い方の酸が遊離してしまうのです(KCN+HCl→KCl+HCN↑という実験をなぜか自宅で行い、HCN(青酸カリ)を発生させ死亡してしまった、という慶大生がいたそうです)。

遊離という現象の具体的イメージがついたところで、お話は戻って甲状腺ホルモンです。
ご存じの通り、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンは主にT3、T4の2種類です。
これらは血液中に分泌され体内にまわるわけですが、そのとき多くの甲状腺ホルモンがタンパク質と結合します。しかし、タンパク質と結合した甲状腺ホルモンは、元来の甲状腺ホルモンとしては働きません。なので、タンパク質とは結合していない、働きをもつホルモン(活性がある、という言い方をします)を遊離T3(FT3),遊離T4(FT4)と呼びます。
バセドウ病のホームページで「FT3,FT4を調べれば亢進の具合がわかる」「FT3,FT4(検査のための数字)」などという書かれ方をされているのは、そのためなのですね。


参考リンク:医師からもらった検査結果の読み方(1)


印刷用ページ このニュースを友達に送る

バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。