FrontPage > 甲状腺疾患 > 甲状腺機能低下症 > 橋本病

 誰でも書けて、誰でも編集できます。積極的な執筆、加筆への参加を!! 


橋本病 anchor.png Edit

 橋本病(はしもとびょう)は、慢性甲状腺炎と同意義に使われ、バセドウ病とともに代表的な甲状腺疾患。代表的な甲状腺機能低下症低下症)である。
 発症頻度は大きく、一般成人の10〜25%の女性、5〜10%の男性に橋本病があると考えられる。


Page Top

症状 anchor.png Edit

 甲状腺機能低下症状としては倦怠感、寒がり、むくみ(押しても圧痕を残さない)、筋力低下、便秘、体重増加、過多月経、声のかすれ、皮膚乾燥、脱毛などがある。甲状腺機能異常を伴わないものではあまり自覚症状はない。

Page Top

診断 anchor.png Edit

 甲状腺機能が低下してくると血中甲状腺ホルモン(血中遊離T4、T3など)は低値となり、甲状腺刺激ホルモン(TSH)は高値になる。
 バセドウ病の治療により低下症になることも珍しくない。

Page Top

治療 anchor.png Edit

 一般的には甲状腺ホルモン剤を服用して様子を見ますが、甲状腺が肥大してしまった場合には手術が必要となります。  甲状腺ホルモン剤は、最初は少しずつ服用し体を慣らしていきます。 体調がよくなったからといって、服用を中断してしまう人がいますが、体に足りていない分を薬で補っているだけなので、毎日決められた量を服用しなければいけません。

薬は、チラーヂンsという薬が一般的です。(副作用はほぼありません。)
Page Top

通院 anchor.png Edit

 橋本病であっても、甲状腺機能が正常な人は治療をする必要はありません。 しかし、甲状腺機能低下症(橋本病患者の数分の一です。)を併発している人は投薬と定期的な通院が必要です。尚、投薬は基本的に一生続きます。

Page Top

その他 anchor.png Edit

 橋本病は立派な病気ですし、難病指定もされていますが、一般成人の女性では10%〜25%の人がかかっていると言われるほどよくある病気です。また、投薬をしなければいけない人も毎日一回一錠ほど飲むだけですし、副作用もない薬です。  ですので、悲観的に考えたりせず、毎日を楽しんで生きていくことが大切です。           

Page Top

anchor.png Edit

この項目は書きかけの項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています。

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名   :
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

コメント一覧


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 9080, today: 1, yesterday: 3
最終更新: 2009-07-07 (火) 00:19:23 (JST) (3365d) by しいな(しいな)
バセこれ投票
失礼ですが、ご年齢は?
10代
20代
30代
40代
50代
60代以上
5才
発病は6才で分かった時は7才でした。
85
6歳
0歳
(歌手)絢香さんのニュースがきっかけでバセドウ病に気付きましたか?
はい
いいえ
人間ドッグ
会社の健康診断で
発表した日に結果が出てわかった・・
以前から
以前から
バセドウ病、今どんな感じ?
かなり…。我慢の限界超えっ!!
だいぶ…。しんどい、もうへこたれそう。
そこそこ…。なんとかなってます。
あまり…。普段は自覚がないくらい。
まったく気にならない。
なってまだひと月足らず

過去の投票も閲覧できます。